2010年

8月

16日

qtpfsguiの使い方・その6(オペレーター?)

それぞれ、Mantiuk, Fattal  Drago ,Durand ,Reinhard'02 ,Reinhard'05 ,Ashikhmin, Pattanaik を選択して作成した画像です。

それぞれ個性的な感じです

このままでも、狙いどおりの画像が作れる場合もありますが、私の場合は、これらのなかから複数枚をGIMPでレイヤー合成して作品をつくります。

噴水をHDR合成で作成した画像です
噴水HDR

上の各画像を基に、GIMPのレイヤー機能を利用して作成したものがこの写真です。

素材よりよくなっているでしょうか

0 コメント

2010年

8月

16日

qtpfsguiの使い方・その5(トーンマッピング?)

qtpfsguiの使い方・トーンマッピングボタンを押してみよう
トーンマッピング

先程の画面からしばらくすると、この画面になりますので、「Tonemap the HDR」のボタンを押して見ましょう

 

qtpfsguiの使い方・画像のサイズとオペレーターを選択
HDR作成

すると、この画面になります。

オレンジで囲った部分が作成されるHDR画像の大きさになります。まず、これを好みのサイズに変更しましょう。

青で囲った部分は「オペレーター」を選びます。HDRの作風を選びます。

わからないうちは色々と選んでみましょう

赤で囲ったapply のボタンを押せば、ソフトが勝手にHDR画像を作成してくれます。

 

前へ    次へ

0 コメント

2010年

8月

16日

qtpfsguiの使い方・その4(使ってみよう)

qtpfsguiの使い方・使用画像のドラッグ&ドロップ

画像作成に使用する写真をHDRの左の部分にドラッグします。

今回は先程の3枚を使用しています。

qtpfsguiの使い方・画像の露出補正

ここで露出補正をソフト側で勝手に行ってくれますが、私は、それぞれの写真をJPGに変換する際にRAWデータから現像した際の露出補正の値を入力しています。

つまみの部分をつかんで入力してり、左右のキーで調整できます。

できたら、「Finish」ボタンを押します

前へ     次へ

0 コメント

2010年

8月

16日

qtpfsguiの使い方・その3(起動)

qtpfsgui起動画面の説明

qtpfsguiを起動すると、この画面になります。

まず、左上のnew hdr を選択します。

前へ    次へ

0 コメント

2010年

8月

16日

qtpfsgui の使い方・その2(準備)

HDR画像を作成するためには、同じ構図の露光の異なる写真を用意します。

ソフトとしては1枚でも作成できそうですが、複数枚用意したほうが出来上がりがよさそうです。

今回の写真は、公園で適当に撮った噴水です。

前へ    次へ

0 コメント

2010年

8月

16日

qtpfsguiの使い方・その1(ソフトの入手)

HDRソフトのダウンロード先のページの画像

まず、ソフトをダウンロードします。

qtpfsguiは新しくLuminance になったようなのですが、旧バージョンも公開されていますので、こちらをつかっています。

新バージョンとの違いが判るかたは教えてください

0 コメント

2010年

8月

16日

写真を追加しました

アイラの写真とHDRの写真を追加しました。

0 コメント

2010年

8月

08日

HDR写真の説明を追加しました

山と空
山と空

HDR写真の説明がわかりにくかったので、山と空の画像を使った説明を追加しました。

0 コメント

2010年

8月

03日

HDR写真サイト紹介3

HDRに魅せられて

蝶の写真が非現実的空間に浮かび上がって得いるようでよいですね

0 コメント

2010年

8月

03日

HDR合成を紹介しているサイト2

Architectural HDR

こちらのサイトでは画像を示してわかりやすく説明しています

 

0 コメント

2010年

8月

02日

Blogを設置しました

Jimdo でホームページを開設しました。

前々からサイトの作成をしてみたかったのですが、HTMLやCSSの知識の習得が面倒でなかなかはじめられないでいましたが、Jimdo はブラウザ上で見ながら作成できるので、なんとかなりそう!?

 

0 コメント