qtpfsguiの使い方・その4(使ってみよう)

qtpfsguiの使い方・使用画像のドラッグ&ドロップ

画像作成に使用する写真をHDRの左の部分にドラッグします。

今回は先程の3枚を使用しています。

qtpfsguiの使い方・画像の露出補正

ここで露出補正をソフト側で勝手に行ってくれますが、私は、それぞれの写真をJPGに変換する際にRAWデータから現像した際の露出補正の値を入力しています。

つまみの部分をつかんで入力してり、左右のキーで調整できます。

できたら、「Finish」ボタンを押します

前へ     次へ